バウンダリーが弱いHSP - HSP 敏感な人・繊細な人のためのセルフケア

バウンダリーが弱いHSP

あなたには、こんな傾向がありますか?
 
1)人の機嫌に左右されて一緒に機嫌がよくなったり悪くなったりする
 
2)自分の感情と人の感情の区別がつかなくなる
 
3)意見が合わない時、感情的になって理論的・冷静に話ができない。
 
4)人の機嫌をとったりつい合わせる
 
5)人から承認されることを切に望む
 
6)自分の意見が言えない
 
7)人の言うなりになってドアマット(踏みつけられてばかりいる人)になりやすい
 
8)全部自分のせい(責任)だと思う。
 
9)みんなが自分を見ている気がする
 
10)信頼すべきでない相手にも全部さらけ出してしまう
 
 
たくさん当てはまったら、バウンダリーが弱い傾向があります。

 
Boundary バウンダリーは、しっくりと日本語になりにくい言葉です。

 

英語では会話でも本を読んでいても、頻繁に使われる言葉です。

こんな複雑な概念を、たった一言で言ってしまう単語があるのは、やっぱり必要があるからなんです。

無理やり日本語に直せば “境界線をひく力” と なります。

 

わかりやすくお部屋に例えて言うと、

ここからは土足で入らないでください とか、

ここからはわたしのお部屋

  あなたのお部屋はあっち

ここはみんなでお食事する所

というような境界のことです。

 

区別 とか けじめと言ってもいいかもしれません。

 

公私のけじめをつける、と言う場合はわかりやすいのですが、ここでお話するのは個人と個人の感情的な境界線のことです。エネルギー的な境界線のことでもあります。

心理学ヒーリングの世界ではよく使いますが、アメリカでは日常的にも結構使う言葉です。

HSP (Highly Sensitive Person)とても敏感な人たちはこのバウンダリーが得意ではありません。

弱点と言ってもいいでしょう。

エネルギー的にも周りにいる人のエネルギーをみんな直接にしかも深く感じ取って、吸い取ってしまいやすいのです。

 

 

HSP に 感情移入が強い人、共感力が強い人(Empathic エンパシックな人)が多いのもそのためです。

*エンパスとエンパシックな人は正確には違うのでご注意ください。

HSPは他の人の望んでいること、嫌がっていること、気分や体調まで自分のことのように感じてしまうので困っている人がいればなんとかしてあげたくなります。

なんとかしてあげることができると、自分も同時にその問題を解決したり、願望を満たしたかのようにスッキリするのです。

HSPはひといちばい、愛されたい、認められたい願望も強いので外から、他の人から容認されることで自分の価値を感じがちです。

 

わたし自身のニーズは満たされてるか?」時々自分に訊いてみてください。

いくつもの経験を重ねてようやく目覚め始めたHSPは少しずつ、自分自身の自己肯定感を育てようとし始めます。

わたしのニーズは何なのかと疑問を持ち始めます。

 

バウンダリーが弱いと人のニーズばかり満たして、ドアマッピーポープリーザーになります。
もし自分のニーズを置き去りにしていると気が付いたら、しっかり健全なバウンダリーを育てていきましょう。
HSPの感受性は変えることができないけれど、バウンダリーを健全にしていくことはできます。
鉄壁のように何も通さないバウンダリーでは身動きが取れません。
逆に網戸のようなバウンダリーでも人とのいい人間関係・信頼関係が築けません。

 

HSPはバウンダリーをはっきりさせて、人から何か頼まれたり、助けてあげたいという欲求が働いても、必要な時には これ以上は無理、助けてあげられない と自覚できるようになり始めると、大きく成長します。

そして怖がらずにそれを相手に言ったり伝えられるようになり始めると更なる成長をとげます。

 

バウンダリーをはっきりさせられないと、また傷つくのが怖くて、人と大きな距離を置かざるを得なくなってきます。

当たり前のことのようですが、HSPは赤ちゃんの時からなんだか気難しい子だと、自分のニーズを否定されてきている経験もたくさんしています。

いじめられたり、のけものになったりしたこともたくさんある人が多いです。

だから、自分自身のニーズを前面に出して主張することはまた嫌われることになる、という思いが強いのです。

大きな音が苦手とか強い香りが苦手、人混み雑音が苦手、というように、自分のニーズが非常に特異なために、人にそれを押し付けるのは悪いとも思っています。罪の意識を感じています。

HSPの人は自分のニーズと他の人のニーズ自分の感情と他の人の感情をきちんと区別できるようにしていくことがセルフケアにも才能を開花させることにも繋がっていきます。

 

HSPは人が嫌いなのではありません

でも、この「 人からもらってしまう様々なエネルギー 」や音・香りなどの刺激が怖くて他の人と関わる時に避けることのできない刺激エネルギーと相当な距離を置き始めることもあります。

  そばに行きたいのにいけない。

幼少期に親から十分に愛情を受けていなかったり虐待があった場合にはより一層この傾向が強くなります。

HSPが孤独感を感じやすい元になる潜在意識の中にある抵抗です。

孤独感にさいなまれないように、この自分の中にある抵抗や葛藤に気づいていきましょう。

 

HSPのニーズも理解してくれる人や、知性的な会話ができる、思いが伝わる人たちと一緒にいる時間を努力してつくることも大切です。

エネルギー的に敏感なあなたは、一緒にいる人や、いる場所選ぶことがとても大事なのです。

バウンダリーオレンジ色で象徴されるセイクラルチャクラの領域です。

あなたのバウンダリーを尊重してくれて、お互いのバウンダリーを尊重しあえる人たちをみつけましょう。

多くのHSPの人たちはHSPの特徴について理解したり、他のHSPの人たちと出会うことによって、自分は一人きりじゃなかったんだ、と安堵感を持つことができます。そしてそこから更に成長していきます。

保育園や幼稚園、幼い頃に 自分のものはこの棚に 自分の靴はここに ということを学んだ頃から育てられているバウンダリーアイデンティティ

健全なバウンダリーが育たないと温かな人間関係が育ちません。

人を信頼することも、自分を信頼することも難しくなります。

HSPのあなたにとってバウンダリーはいつもチャレンジ。

人のことを大切に思い共感し大切に扱うことと、自分を大切にすることの間で悩むことも多いかもしれません。

シーソーのように、人間関係でも常にうまくバランスを取らないといけません。

 

網戸のようなバウンダリーを自覚するだけでも、変化が感じられるようになります。

 

誰も通ることのできない鉄の壁ではなくかと言って何もかも通してしまう網戸でもないちょうどいいくらいのバウンダリーを育てる。

 

多くのHSPにとって大きな課題ですが、これができてくると健全な人間関係を保ちやすくなってきます。

HSPとても敏感な人の特徴は症状でも欠陥でも重荷でもありません。

あなたの豊かな感受性鋭敏な神経素晴らしい宝物なのです。

あなたの宝物をもう一度しっかり見つめ直して最高バージョンのあなたの人生を花開かせてください。

 

生きづらさを感じていたら… <関連記事 :敏感で傷つきやすいあなたへ

 

In order for HSPs to thrive, it is essential to give yourself permission to be very selective.

Your energy field is like a sponge. Learn to figure out the difference whose energy it is.

Set the clear boundary.  It is your own birthright.

You deserve the loving supportive relationships and the fulfilling life.

Scroll to Top