HSPと依存症

 

鋭敏な神経と豊かな感受性のために

 

高ぶってしまいやすいHSPの神経は

丁寧に上手にケアしてあげる必要があります。

 

HSPが依存症になりやすいと

短絡的に結びつける必要はありませんが

実際に依存・不眠・鬱に悩むHSPは

大勢います。

No more addiction

依存症・不眠症・うつは、

 

基本的な生存意欲・生存能力を司る

ルートチャクラのバランスの乱れです。

 

HSPは一般に、薬やアルコール・カフェイン・

砂糖などのの影響も強く受けやすい

ということを覚えていてください。

 

特に、こどもの頃、難しい環境で育った

HSPは、心のセルフケアを

十分にしておくのに

越したことはありません。

 

私たちの自然治癒力

 

自然に眠くなってぐっすり眠れる力。

眠れば体が回復して元気になる力。

心を穏やかに過ごせる力。

 

すべてもともと健康な人間に

ひとりひとり備わっているものです。

 

生命力という力です。命の本質です。

 

ヨガではプラナとも言います。

 

自分の感情は自分でコントロールできる

自分の健康は自分で守る

自分の心の状態は自分で守る

 

本来の私たちの命の力を思い出しましょう。