人一倍敏感な子 HSCの赤ちゃん

 

”ひといちばい敏感な子” は

ニューヨークの心理学者

エレイン・アーロン博士の

書かれた本です。

 

Highly Sensitive Children

を略してHSCとも言います。

 

HSCは生まれつきの資質なので

大きくなって”治る”とか

大きくなってから”なる”

ものでもありません。

 

入園とか入学、クラス替えなど

何かのきっかけで一層敏感に

なることはあります。

 

およそ5人に一人くらい

子供達がHSCです。

 

十ヶ月の長い間お母さんの

お腹の中で守られていた

赤ちゃんが外の世界へ出てくる時

 

敏感な子でなくても

それはそれは大きな変化を

体験するわけです。

 

ある種のトラウマになりうる

体験をみんながするわけです。

 

HSCのあかちゃん、こどもたちも

HSPとして大人になってからも

外界からの刺激やエネルギーの

受け取り方が強烈です。

 

も、肌触り

人から触られること

他の赤ちゃんとは感じ方が

違うのです。

 

多分その子はむずがることも

泣くことも、夜寝ないことも

多いでしょう。

 

ダメな子、臆病な子

 

気弱な子、気難しい子、

 

厄介な子、面倒な子。

 

言葉が出て自分で説明ができる

ようになるまでは特に、

周りの大人を不思議がらせます。

 

どうしてこの子は、

どんなにしても

幸せな顔をしないんだろう?

 

何をどうしてあげても

気に入らないんだろう?

 

わたしの母もきっと

何度も困った思いをした

ことでしょう。

 

大人になって、うんと歳を重ねて

HSPのことを知ってから

母のことを以前とはまた違った

角度から見れるようになりました。

 

祖父母は早く亡くなって

わたしの父と母の周りには、

誰も頼れる人がいませんでした。

 

きっとむずがって泣く私を

どうしていいのかわからずに

おろおろしたことも多かったの

ではないかと想像がつきます。

 

寝なくて困った、とも聞きました。

 

 

HSPの体と心、マインドを

内側から体験している人には

わかると思うのですが、私たちは

小さな繊維の感触も気になります。

 

チクチクして、痛かったり、

かゆくなったり、肌が赤くなったり。

 

アトピーになる子も多いです。

 

便秘や下痢にもなりやすくて

また周りの人を

心配させてしまいます。

 

もし、今とても敏感で繊細な

赤ちゃんを育てながら

途方に暮れているお父さん、

お母さんがいらしたら、

 

ぜひ、冒頭にあげた本、

”ひといちばい敏感な子”

ぜひ読んでみてください。

 

とても具体的に書いてあるので、

HSCを育てるのにきっと役立ちます。

 

ある意味、HSPもHSCも

豆の上のお姫様、です。

 

人が感じられないことを

とても敏感に察知して

深く感じてしまいます。

 

髪の毛や小さな小さな

ホコリや虫が触れても

すぐに感じます。

 

体も激しく反応します。

 

光も音も振動も、HSCの

赤ちゃんは他の人とは

全然違う感じ方をしているのです。

 

そしてひとりひとりの赤ちゃんは

またそれぞれに違います。

 

その鋭い感性は今後も

HSCの赤ちゃんが自分を

守っていくのに役立ちます。

 

おそらく、種の保存のために

私たちには使命があるのです。

 

ただ、痛い時には痛みも

深く鋭く感じるので、

周りには理解してもらいにくく、

言葉が話せるようになるまでも、

なってからも、”面倒な子”

”うるさい子”にされてしまう

可能性が大いにあります。

 

こうして、HSCの子供達の

周りにとっての”難しさ”は

言葉が出るようになって

からも続きます。

 

びくびくしている子

 

気が短い子

 

何もできない子

 

くよくよする子

 

感謝知らずな子

 

そうして、だんだんに

傷ついていく自己肯定感。

 

学校へ行きたがらない子供が

いたら、もしかしたら

HSCかもしれないことも含めて、

どうして学校へ行きたくないのか

一緒にみつめてあげてください。

 

その子はとても心優しい子で

細かいことにもすぐ気がついて、

a gifted child(とても優れている子)

特別な才能に恵まれている子

であることも多いのです。

 

みんなの中に入っていけない

のには理由があるのです。

 

HSCの子供にとって、

大勢が一緒に放り込まれた

従来型の学校教育

ストレスの原因以外の

何ものでもないかもしれません。

 

どうか一人でも多くの大人が

HSCのことを理解して

辛抱強く、温かく見守って

くださいますように。

 

今すでに大人になっている

HSPのあなたは、

自分がHSPだったことを

認めて理解したら、

よく頑張ったね、と

あなたのインナーチャイルド

声をかけてあげてください。

 

HSPを受け入れて

理解するほどに、

自分への厳しさ

和らいでいきます。

 

自分も他人も温かい

愛情深い目で見られるように

なっていきます。

 

わたしも決して強い子では

なかったから、鋭敏な神経

守ってくれて、今まで元気に

生きてこれたのだな、と

自分をほめてあげるようにも

なりました。

 

ニューヨークで30年間、

本当に怖い目には一度も

合わずに生きてこれたのも、

きっとわたしのこの鋭い直感

守ってくれていたのだと

今になれば思えます。

 

 

紫のチャクラ(クラウンチャクラ)

天界・宇宙と繋がるエナジーポータル。

スピリチュアルな世界と地上の

私たちをつなぐチャクラです。

 

HSC ひといちばい敏感な子