Uncategorized アーカイブ - HSP 敏感な人・繊細な人のためのセルフケア

Uncategorized

HSPと依存症

  鋭敏な神経と豊かな感受性のために   高ぶってしまいやすいHSPの神経は 丁寧に上手にケアしてあげる必要があります。   HSPが依存症になりやすいと 短絡的に結びつける必要はありませんが 実際に依存・不眠・鬱に悩むHSPは 大勢います。 依存症・不眠症・うつは、   基本的な生存意欲・生存能力を司る ルートチャクラのバランスの乱れです。   HSPは一般に、薬やアルコール・カフェイン・ 砂糖などのの影響も強く受けやすい ということを覚えていてください。   特に、こどもの頃、難しい環境で育った HSPは、心のセルフケアを 十分にしておくのに 越したことはありません。   私たちの自然治癒力   自然に眠くなってぐっすり眠れる力。 眠れば体が回復して元気になる力。 心を穏やかに過ごせる力。   すべてもともと健康な人間に ひとりひとり備わっているものです。   生命力という力です。命の本質です。   ヨガではプラナとも言います。   自分の感情は自分でコントロールできる 自分の健康は自分で守る 自分の心の状態は自分で守る   本来の私たちの命の力を思い出しましょう。    

Letting Go

愛着・執着・無頓着

HSPと愛着   HSPは 忠誠心が強くて、 それが 少数の友達や 選び抜いた持ち物を 大切にする傾向とあいまって、 誰か や 何か に 強い愛着をもちやすいところもあります。   HSP (とても敏感な人) は、 人でも物でも、場所でも状況でも、 新しいものに慣れるのに とても時間がかかります。   中には旅先でいつも体調を壊す人や、 いつもと違う環境では落ち着かないために、 旅にはほとんど出たくないという人もいます。   転地・転校・転職・引越し・結婚・離婚など、 どれも大きな変化ですが、 HSPは HSPでない人以上に 慣れるまで時間がかかることが多いのです。     新学期にクラス替えがあったり 学校が変わったりするときに 適応していくのに 相当な時間とエネルギーも使います。   HSPは感受性が豊かで 何事にも感情を深く動かされます。 そして愛着も深く持ちます。   人間関係では 家族とか少数の友達とか 限られたひとたちと じっくり深く関わりたい傾向があります。 使い慣れたもの、 心地いいとわかっているものは とても大事にします。   ものでも人でも忠誠心をもって 少数を大切にする傾向が 強い愛着にもつながります。   それだけにその愛着を手放すのが あまり得意でない場合も多いのです。 けれどもこれは、学習とトレーニングで 変えていくことができます。 多くのHSPは肌触り、 手触りについてもとても敏感です。   衣類についている小さなラベルとか 首の後ろのところに …

愛着・執着・無頓着 Read More »

Scroll to Top