マインドセット アーカイブ - HSP 敏感な人・繊細な人のためのセルフケア

マインドセット

people pleaser

誰の人生生きてるの?

ピーポープリーザーの 現れ方には色々な姿があります。   幼少時代を振り返れば、 小さな子供の時、 崩壊した家庭で育って いつも喧嘩している両親の機嫌を なんとかしようとしていた人も 少なくないと思います。     共感力がとても強く、 人に優しいHSPが覚えて おかなければならないのは 世の中には共感力が 全くない人たちもいるのです。   HSPには サイコパスや ナルシシスティックな人の 餌食にもなりやすい傾向もあります。   家庭内暴力や精神的・肉体的・ 性的虐待の被害者に なってしまうこともあります。   決して自分のせいで そうなったと自分を責めたり、 罪の意識を持ったり、 恥ずかしいと思って 自分を閉じ込めて しまうことはしないでください。   今までそういう経験を 繰り返してきた人は、 そのパターンを繰り返さないように 十分心して 自分は二度と傷つかないという 新たな誓いを立ててください。   あなたの優しさは 自分を傷つけために あるのではありません。   あなたの優しさや思いやりは、 もっと他のところで 他の人たちから あなたを決して傷つけない形で 求められています。   今まで傷ついてきた痛みは これからしっかり生きて いくためのバネにしてください。   色々な事情で小さい頃から 周りの人のニーズを …

誰の人生生きてるの? Read More »

Out thoughts create our reality

英語でアファメーション:新しい現実をつくる

Facebook Twitter Email Skype Google+ LinkedIn 英語でアファメーション! あなたの思いは習慣になる 新しい思考を植え付けて 自己肯定感を育てる 最高バージョンの自分を生きていますか? すぐに批判されたと感じたり、傷ついたりしますか?  意思決定や決断に時間がかかりますか? 決断してもなかなか行動に移せませんか? 人に合わせてしまうことがよくありますか? 自分の意見や考えをはっきりと人に伝えられますか? 掲げた目標に向かってくじけずに進んでいけますか? 自分にとって本当に大切なものを大切にできていますか? それとも人の意見にすぐ合わせてしまいますか?  スマホでもコンピューターでもアップデートとバージョンアップを続ける時代。テクノロジーの進化に目をみはる一方でいま一つ自分のバージョンアップができていないもどかしさを感じていますか?  あなたの健康な自我と自己肯定感が育っていないと、勇気を持って意思を貫徹していくことができません。ネガティブな考え方や悲しいものの味方が育っているとそれは癖になって潜在意識の中にしっかりと隠れています。本気で人生を変えたいあなたに英語でアファメーションをお勧めします。思考は習慣になるのです。 あなた自身の人生を生きていますか? 夢や目標に向かってまっすぐ進めますか? 打ちひしがれたときには、アファメーション。 何もかも順調にいっているときにも、アファメーション。 何かを変えたいときにもアファメーション。 アファメーションは自分への”宣言”。肯定的現実の宣言です。自分がこうしたい、と思う事を既に起きている現実として宣言してしまうのです。そうすることによって潜在意識をかえていくのです。ビジュアリゼーション(視覚化)と一緒にすると、より一層効果があります。 あなたが今、夢や目標に向かってしっかり前進していたら、アファメーションはその夢の実現を確実に後押ししてくれます。 もしあなたがこどもの頃不安定な環境で育ったり、疎外感を感じて育った場合は、あなたの自己肯定感が弱いかもしれません。そんな時はアファメーションをぜひお勧めします。 解放していきたいトラウマや手放したいネガティブな思いがある時にもアファメーションはとても効果があります。タッピングと組み合わせて手放したい思いを言語化しながら、一緒にアファメーションをしていくこともできます。 小さい時から繰り返した言葉は しっかりとあなたの潜在意識に住んでいます 今日はまずアファメーションの書き方・作り方を考えましょう。英語は、アファーメーションをするのにとても向いています。 なぜなら主語と動詞が最初にきて、誰がどのような行動をとるのかが明確にならないと、話が始まらない構造になっているからです。 あなたの心にしっくりくるシンプルなアファメーションをつくってみましょう。初めは短くて簡潔なものほど効果があります。 I love ….. I accept …… I desire ……. I let go ……. I learn …… などの文章をあなたの言葉で完結してみましょう。 アファメーションをするときは 1)現在形で言う・書く I will be successful. …

英語でアファメーション:新しい現実をつくる Read More »

被害者意識を捨てる

シェア! Facebook Twitter Email Skype Google+ LinkedIn 被害者意識を捨てる ”前へ進みたい” ”人生を変えたい” と言い続けているのに変われない。 そう思い続けてるのに変われない。 そんな時は本当に変わりたい自分がいるのか、 本当はやっぱり変わりたくない自分と どんなやりとりをしているのか考えてみましょう。 もちろん、本当はやっぱり変わりたくない自分は 潜在意識の中に深く隠れているのでなかなかみつけにくいものです。 本当は変わりたくない自分の様々な姿・現れ方の中でも特に手ごわいのは 被害者意識にしがみついている自分 ずっと以前、私もそうでした。 長い間そうやって、幸せになるのを拒んでいました。 幸せになれない理由はいつも自分の外にありました。 親が愛してくれなかった。 親に捨てられた。 辛い子供時代があった。 貧しくてOXOXできなかった。 OXOX させてもらえなかった。 何をしても褒めてもらえなかった。… いつもひとりぼっちだった。…. 悲しみや辛さの理由は自分の外にいくらでもみつけられます。 もちろん、精神的・肉体的虐待にあった人や戦場やレイプを体験した人、 もっと過酷な様々な過去の出来事や痛みはそれぞれにあります。 それでも同じ過酷な状況や過酷な体験を乗り越えて生き延びる人と そうでない人の大きな違いは、 被害者意識にしがみつくか、 それとも自分の体験をバネにして 立ち上がるか、起き上がるか。 被害者でいたいと思ったら    被害者になる理由は世の中に   たくさん転がっています。   政治が悪い、会社が悪い、   上司が悪い、教師が悪い、   制度が悪い、時代が悪い…   それを変えていこうとするのか、   いつも同じ苦情を繰り返すのか。   それは私たち一人一人の選択です。   …

被害者意識を捨てる Read More »

Scroll to Top